イエスタデイ映画の結末ネタバレ!ビートルズの曲とコカコーラが消えた理由はなぜ?

イエスタデイ

スポンサーリンク

Pocket

イエスタデイ映画が公開されてから人気が続いています。

舞台は何とビートルズがいない世界となってます。

当然ビートルズの曲を知ってる人がいない世界。

まず、この設定にビックりしますよね。

この世界のなかで主人公ジャックとマネージャーのエリーが活躍するわけです。

ビートルズの曲がない世界って一体何のこと?意味わかんなんだけど!

一体どんな世界?結末どうなるの?

誰もが最初はこう思うのも無理はありません。

こんな、舞台設定なんて普通ありませんから。

こんな、みんながビックリするような舞台設定で主人公ジャックを活躍させる映画製作側が偉大だったってことでしょう。

今回は、イエスタデイ映画のとんでもない結末とネタバレについて。

又、コカコーラが消えた理由なんてことも調査しましたのであらすじをご紹介していきたいと思います。

ネタバレを含みますので、ジャックがとマネージャーのエリーがどうなるのか、コカコーラが消えた理由なんて知りたくない方は読まない方がいいかもしれません。

では、最後までご堪能ください。

 

スポンサーリンク

イエスタデイ映画の結末ネタバレ!

ココカラは、イエスタデイ映画の結末ネタバレになります。

主人公のジャックはイギリス田舎町のしがないシンガソングライター。

幼馴染のかわいい女の子エリーがいつもそばで支えてくれる幸せには気づいていない。

ある日、大停電が起こって、ジャックは交通事故に遭遇。

幸い命には別条なかったが、普通の生活に戻ったときに何かが変だと気付くことになる。

そう、ジャック以外の周りの誰もがビートルズを知らないのだ。

余りの衝撃にジャックはネットで『Beatles』を調べてみるが、『カブトムシ:beetle』が画面に表示されるだけだった。

自分の田舎町だけではなく世界中でビートルズが存在しないことになっていたのです。

不思議なことに、ビートルズがいないこと以外はジャックの周りは依然と全く同じなのだった。

街の風景も、周りの友人達も、幼馴染のエリーがいることも、自分が売れないしんがソングライターであることも。

ビートルズが存在しないこと以外は、すべては変わりがなかった。

ジャックは、パラレルワールドに入りこんでしまったのですね。

 

ビートルズの曲を歌ってスターになる

イエスタデイ映画の結末ネタバレ!コカコーラが消えた理由はなぜ?

出典:https://www.fashion-press.net/news/48800

ジャッックにはここで悪魔のような思いが生まれます。

ひょっとしてこのビートルズの歌を俺が作ったことにしたら、売れるんじゃないかな。

案の定、ビートルズの曲を歌ったら大当たり。

近所に住んでいたエドシーランが自宅きて、俺のツアーの前座をやってくれと頼まれます。

因みにこのエドシーランは自分役を演じるエド・シーランの本物です。

 

スターになっても自己嫌悪

エド―シーランの前座を務めたジャックですが、あっという間にエド・シーランを凌ぐ人気を獲得してしまいます。

そして有力プロデュサーに目をつけられアメリカに進出します。

その後はもうアメリカの音楽ビジネスはこんな世界なんだと思わせる圧倒的なザ・ビジネスの世界に巻き込まれていくジャックです。

一人の歌手ではなくもうビジネスでの金儲けのための一歯車になっていきます。

 

愛するエリーが去っていく

成功してイギリスにもどったジャックに会いに来たのが、幼馴染のエリー。

一時はいい雰囲気にになるのだが、エリーは『もう、住む世界がちがうから』と去っていきます。

 

自分がやってることに罪悪感

ジャックは、心のどこかで『これってみんなを騙してるってことだよなー』とは思うものの流れに身を任してしう罪悪感に苛まされることになります。

ジャックは浜辺に面した建物の屋上でのコンサートを実施します。

ビートルズファンならしっていると思いますが、ビートルズ4人が観客に最後の姿を見せたアップル社の屋上でのライブをパロディにしたものです。

ここでジャックが『ヘルプ』を熱唱するのですが、ジャックの心境をよく表していると思います。

『助けて』一体俺はどうしたらいいんだーと。

ステージが終わった後、老人の男女がの場にビックリします。

その二人は私たちもビートルズを知っているというのです。

何と、ジャックの他にもビートルズを覚えてくれてる人たちがいたのです。

『詐欺やってんだろ』と脅されるかと思ったジャックでしたが、二人は思いもかけないことを言います。

『あの4人の音楽をみんなに知らせてくれてありがとう』と。

そしてある男の住所が書かれた紙きれを渡されたのです。

[voice icon=”https://nakky.co/wp-content/uploads/2019/05/1.png” name=”ナッキー” type=”l fb”]僕は地位と名誉が欲しいんだよね[/voice] [voice icon=” https://nakky.co/wp-content/uploads/2020/05/タッキー-1.jpg ” name=”タッキー” type=”r fb”]本当の幸せって何か考えた方がいいんじゃないの[/voice]

 

ジョンレノンに会って開眼

ジャックが訪ねた先はとある海岸沿いのがけの上にある一軒家。

ドアを開けて出てきたのは何とジョンレノンその人だったのです。

見ていた私も超ビックリでした。

ほんとにジョンレノンそっくりで、生きていたらこんな感じだったんだろうなっって素直に感動です。

ジョンレノンはこういいます。

『ほんとに好きな女がいるなら、好きと伝えろ。』

『みんなに真実を告げろ』

ジャックは開眼します。

エリーに本当の気持ちを伝えようと。

ビートルズの曲を勝手に使っていたって、世界に公開しようと。

 

全てをさらけ出して結ばれる二人

ジャックはこの後、エド・シーランに頼み込んでエドの有名なウェンブリーの会場でライブに飛び入り参加させてもらいます。

大観衆の前でジャックはエリーに愛を告白。

さらに自分が歌ってきた歌は全部『ビートルズ』の曲だったことを告白します。

有名人としての地位と名誉とお金をすべて失いますが、自分にとって一番大切なエリーとの人生を歩んでいくことになりました。

最後は結婚した二人が公園で子供と楽しく遊んでいる風景が描かれて、ビートルズの楽曲『オブラディオブラダ』が流れます。

 

スポンサーリンク

イエスタデイ映画ビートルズの曲とコカコーラが消えた理由はなぜ?

イエスタデイ映画の結末ネタバレ!コカコーラが消えた理由はなぜ?

出典:https://www.youtube.com/watch?v=udycvotdz7g

 

コカコーラが消えた理由はパラレルワールド?

ジャックが陥った世界ではビートルズも無ければコカコーラもなかった。

オアシスもハリーポッターもタバコも存在しない。

オアシスはビートルズの流れをくむイギリスのバンドだから本家がいないのならこちらもいないのは納得。

ハリーポッタ―はいかにも現代風。

タバコがないのはビートルズのメンバーだったジョージハリスンが肺がんでこの世を去っているから、とボイル監督も述べている。

コカコーラが消えたっていうのは、ビートルズよりも古いものの代表として元々ない世界なんだってことでしょう。

 

パラレルワールドって何?

よくSFの世界で登場するパラレルワールドですが、この世界とは平行にもう一つの世界が存在するというのもの。

実在するって話もありますが、多分誰も証明はできないと思います。

固く考えるのはやめて、広い宇宙の中には同じ世界が他にもあるんだと空想を膨らまして雄大にとらえましょう。

誰しもこう思ったことはありませんか。

あの時、アノ人と付き合っていたら・・

あの時、ひどいこと言って別れてしまったけど、もし、素直に謝れていれば違う展開になっていたかも。

二つの会社から内定もらったけど、選んだのと違う方に行っていたら違う展開になっていたかも。

なんて、誰しも想像したりすることありませんか。

もう一つ別のせかいがあってそっちには違う運命の自分がいるって。

このパラレルワールドはタイムスリップして過去に行くのと違うんですね。

同じ時代に別の平行した世界があるという概念だということがポイントです。

 

スポンサーリンク

まとめ


イエスタデイ映画の結末ネタバレ!ビートルズの曲とコカコーラが消えた理由はなぜ?についてご紹介してきました。

残念ながら映画の結末ネタバレで登場したジョンレノンを演じた俳優の名前はロバート・カーライルです。

ジョンレノンのイメージそのままなんですね。

ビートルズファンの私としては、誰が演じたなんてどうでもいいのです。

ジョンレノンが生きてたらこんな風だったろうなと思わせる風貌にもう脱帽です。

イエスタデイ映画は、ビートルズファンでなくても、ジャックとエリーの愛の物語としても十分楽しい世界観を味わえる作品です。

ビートルズの曲とコカコーラが消えた理由はなぜ?

それはパラレルワールドに行ってしまったから。

イエスタデイ映画のエンディングは、さらに又別のパラレルワールドにいってしまったの?

と思わせる別世界の始まりかと思わせる場面で終わります。

この作品、是非楽しんでください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました