燃えよ剣映画岡田准一のアクションが凄いって本当?はんにゃ金田が感動したシーンとは?

燃えよ剣映画岡田准一のアクションが凄いって本当?はんにゃ金田が感動した剣術とは? 日本映画

スポンサーリンク

Pocket

燃えよ剣映画は、超時代劇スペクタクル。

舞台は幕末、登場するのは泣く子も黙る新選組。

主人公は、その新選組の中でも鬼の副長と呼ばれて恐れられた土方歳三です。

この土方歳三を演じるのがジャニーズの岡田准一です。

ジャニーズきっての演技力を持ち、アクションもこなす。

超体育系イケメン俳優です。

新選組という剣の達人を集めた集団を率いるリーダーですから、ちょっとやそっとの人物では務まらなかったと思います。

強固なリーダーシップと人並外れた剣術の力が備えていたと思います。

そんな土方歳三を演じるには、演じる岡田准一もそれなりの力を備えていないと本当に土方歳三を演じたことにはなりません。

共演したはんにゃ金田は、岡田准一から負わされた怪我を一生大切にしたいだとか。

今回は燃えよ剣映画の中で岡田准一のアクションがいかに凄いのか、共演したはんにゃ金田が岡田准一に感動したシーンとは何なのか。

岡田准一のアクションが凄いわけ、剣術や普段からの鍛え方についてご紹介していきたいと思います。

最後までご堪能頂ければありがたいです。

 

スポンサーリンク

燃えよ剣映画岡田准一のアクションが凄いって本当?

燃えよ剣映画岡田准一のアクションが凄いって本当?はんにゃ金田が感動した剣術とは?

出典:https://bakumatsu.org/blog/2019/07/moeyo-ken_cast.html/moeyo-ken_cast5_l

岡田准一のアクションはここが凄い

岡田准一はV6のメンバーであることは皆さんご存知と通りと思います。

このV6はメンバー全員がアクションレベルが凄いと行くことでジャニーズ内でも認知されていることなんです。

逆に言えばアクションができる運動神経を備えた者をV6に選んだのかも剃れません。

岡田准一が初めてアクションを見せたのが2003年の『フライ、ダディ、フライ』でした。

この映画の中で堤真一が演じる頼りないお父さんに格闘技を教える役を担ったのが他でもない岡田准一だったのです。

その後他のドラマに出演してアクションを演じる中で、『もっとリアルな格闘シーンを追求したい』と、格闘技にのめりこんでいくことになりました。

そして、実際に格闘技の指導を受けていくのです。

岡田准一が習った武術は3つある

中村頼永師父から岡田准一が指導を受けた武術というのが3つです。

『ジークンドー』:香港の映画スター:ブール―ス・リーが創始した格闘技です。

『カリ』:カリとは、フィリピンの武器術を含んだ総合格闘技術です。

『USA修斗』:初代タイガーマスクの佐山聡が、真剣勝負の格闘技として確立した総合格闘技です。

おそらく岡田准一は中村頼永師父との出会いから『ジークンドー』『カリ』『USA修斗』を習うことになったのでしょう。

驚くべきことに3つの武術でインストラクターの資格取得まで昇りつめたということです。

もう、一芸能人、一アイドルの枠を完全に逸脱していますよね。

しかもその腕前は十分プロとして通じるものだそうです。

芸能界一の強さといわる所以も納得できます。

 

燃えよ剣映画岡田准一のアクションが凄いシーン

ここまで本格的に格闘技を習ったのですから、岡田准一が演じるアクションが本格的なのはうなづけます。

原田監督も岡田准一のことはベタぼめです。

「超一流の武芸者が俳優のふりをしているような人」(原田監督)

岡田准一のアクションシーンに注目したいのがこちらのシーン。

池田屋事件

1864年に起こった新選組のハイライトといってもいい事件です。

京の旅館:池田屋に集まった尊王攘夷の長州などの志士数十人を新選組が襲撃。

刀と刀の切りあいで決闘シーンで岡田准一の剣術が見ものです。

この死闘のせいで明治維新が1年遅れたともいわれる大事件です。

 

鳥羽伏見の戦い

一旦京から退いた幕府軍が、再び京を目指して進撃。

新選組は伏見奉行所にて奮戦。

近勇勇がこの戦い直前に襲撃を受けて大阪城で療養中のため土方歳三が戦いの指揮を執りました。

この戦いは官軍側の圧倒的な鉄砲をはじめとする火力の前に幕府軍側は敗退となりました。

土方歳三は、もはやこれからは刀では戦っていけないと悟りを開くことになります。

 

五稜郭の戦い

北海道に落ち延びた土方歳三は装いも西洋風に一新します。

ここで土方は驚異的な指揮官としての力を発揮して官軍側を苦しめました。

馬上で鉄砲を発射しながら戦う岡田准一の姿がみれるかが楽しみの部分です、

『官軍側の作った世界に生き延びるわけにはいかない、地下の近藤達に合わせる顔がない。』

と自殺行為かと思われる戦いに挑んで最後を遂げます。

有名な丁髷を降ろして刀をさして写真を撮ったのはこの時です。

岡田准一の風貌は土方歳三にそっくりですね。

 

燃えよ剣映画岡田准一のアクションが凄いわけ

岡田准一のアクションが凄いのは武術で鍛えた身体能力と精神力と演技にたいする思い入れにあると思います。

武術を始めたのも、もっと本格的なアクションシーンを演じられるようになりたいとの役者としての思いから始まったことのようです。

そして、その思いを実践して自分自身を鍛え上げてた結果、誰もが認める武芸者のような俳優になったのです。

なりたい自分になるという目標を立てて、人一倍努力した結果が今の岡田准一のアクションを生み出したといえるのだと思います。

 

岡田淳准一のアクション指導がヤバイ

後輩の面倒見をよくて、ジャニーズ事務所の後輩もさることながら、他の芸能人からもアニキとして絶大な信頼を得ており、岡田一門なんて呼ばれているようです。

ただ、格闘技に対する意識は相当厳しいもののようで、格闘技の指導も一切の手抜きなしで行われるようです。

岡田准一にアクションを習いに来る後輩たちもその厳しさは十分承知のこと。

それでも岡田准一を慕う後輩が多い。

イケメンで格闘技も強く、筋肉質、歌えて、ダンスも上手いし、演技も上手いなんてこれ以上何を求めるのでしょう。

普段は礼儀正しい好男子、人気がでて当然ですよね。

こんな人が演じる新選組鬼の副長:土方歳三ってカッコよすぎませんか。

 

岡田准一が指導を受けた指導者は誰?

岡田准一が格闘技にのめりこんでいったのには信頼できる先生に出会ったからとうのが大きい理由だと思います。

岡田准一と格闘技を調べると中村頼永という指導者にたどり着きます。

 

中村頼永師父とはどんな人?

  • 名前:中村頼永
  • 三重県生まれの武術家。
  • 生年月日:1963年12月19日
  • IUMA日本振藩国術館およびUSA修斗代表

ブルースリーの映画に衝撃を受けて格闘家となったそうです。

人生のすべてをブルースリーに捧げてきたといいますから、早くから自分の進むべき道を確立してたのですね。

ジークンドーの日本でのジークンドーの正統後継者で、芸能界にも門徒が多いらしですよ。

岡田准一にただならぬ影響を与えた先生だということは間違いないでしょう。

中村頼永師父のことをもっと知りたい方はこちらへどうぞ

スポンサーリンク

燃えよ剣映画岡田准一のアクションにはんにゃ金田が感動したシーンとは?

岡田純一の剣術の凄いところを彷彿させるシーンがあります。

はんにゃ金田は岡田准一から怪我をさせられたことが一生の思い出。

はんにゃ金田は燃えよ剣の撮影中に岡田准一から怪我を負わされんだとか。

普通ならコノヤローと腹を立てたりするもんですが、逆に一生の宝物と思えるというのです。

これは余程岡田准一のことを崇拝しているか、大好きというか、もう心服しているんでしょうね。

「岡田さんと2人で少し合わせたときに、レベルが違いすぎてゾッとしました。岡田さんの身体の使い方、剣の置き方、対峙の仕方……。とにかくすごかったです」と振り返る。「(土方から斬られた傷は)もう一生鏡で見たいなと。あの夜の岡田さんはカッコよかったですよ、と思い出して。だから今後もこの傷はつけていこうかなと、自分でぐっと押して、残して。本当に一生の宝ですね」

はんにゃ金田といえば、父親が剣道の師範であり、幼いころから剣道で鍛え上げられてきているのです。

そんな金田が岡田准一から負わされた怪我を、寧ろ誉りに思うほど、岡田准一の剣術の凄さが伝わってくるエピソードです。

 

岡田准一の剣術シーン動画

岡田准一の剣術の殺気が感じられる動画をご紹介しました。

池田屋事件の時の室内での剣術アクションが伺えます。

岡田准一の剣術の凄いところは体幹がしっかりしていてぶれてないところだそうです。

ちょっと素人では見分けがつかないというのが正直なところですが。

私みたいな武道素人が見ても本物の侍の切りあいってこんな感じだったのだろうなと、確かに凛とした殺気が感じられます。

ジークンドーなどの格闘技を本格に身に着けてきたからこそたどり着いた極意なんだと思います。

はんにゃ金田みたいに実際に立ち会ってみると岡田准一の剣術の凄さが体でわかるのでしょうね。

 

スポンサーリンク

まとめ

燃えよ剣映画岡田准一のアクションが凄いって本当?はんにゃ金田が感動したシーンとは?についてご紹介してきましたが、如何だったでしょうか。

何といっても岡田准一が土方歳三に似ているっていうのが嬉しいです。

土方歳三も写真が残っていますが、イケメンです。

イケメンで決闘には強くリーダーシップとれる男。

燃えよ剣で司馬遼太郎が土方歳三を書きたいと思ったのは、男としての魅力があったからじゃないでしょうか。

本格的な格闘技を、これからも継続していくであろう岡田准一のアクションは益々凄いことになって行くでしょう。

はんにゃ金田も一生の思い出となる怪我を岡田准一からプレゼントされて本当に感動しているのでしょう。

男が男に惚れるっていうのってこんなことなのかなと感じたシーンです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました