三谷幸喜の嫁の元女優yumaの画像は?馴れ初めや子供の名前も紹介

三谷幸喜の嫁の元女優yum エンタメ

スポンサーリンク

Pocket

三谷幸喜といえば今や日本を代表する作家・脚本家です。

その活躍の幅はすさまじくテレビ、映画、舞台のみならず小説、戯曲と多方面にわたりこの日tの仕事は何と規定するのが難しいほどとなっています。

そんな三谷幸喜の嫁さんはどんな人?

あまり知られていないですよね。

小林聡美と離婚したのは知っていても、その後再婚し、その新嫁との間に、今では一児を設けて幸せな家庭生活を送っているてこと意外に知らない人が多いのではないでしょうか。

小林聡美は芸能界でもメジャーの部類に入る女優ですし、三谷幸喜さんも超有名人。

二人が夫婦となれば当然のごとく世の中に広く知れ渡ります。

この二人が離婚したことは有名でした。

ところがその離婚がから2年で三谷幸喜は再婚していたのです。

その人が当初一般人として扱われたので報道側もそれほど詮索しなかったのですが、

実はこの人元芸能人だったのです。

その名もyuma。

どんな人なの?画像はあるの?その画像は見れるの?

等、興味は尽きません。

今回は、そのyumaのことについて、調べてきました。

スポンサーリンク

三谷幸喜の嫁の元女優?名前はyumaって日本人なの?

さて、yuma という名前は変わっていますよね。

もちろんこれは芸名です。

本名は中山佳織さん。

1980年10月生まれ、静岡県出身。

現在38歳です。

1999年辻仁成が初めて監督した『千年旅人』にユマ役で芸能界デビュー。

この時の役名が『ユマ』ゆまであったわけです。

三谷幸喜 嫁 yuma  画像

出典:https://ameblo.jp/nanai-koi/entry-12142822107.html

 

2001年に二本目の作品『ほとけ』にもユマ役で出演している?

この作品主演が武田真司です。

三谷幸喜の嫁の元女優yumaの画像は?馴れ初めや子供の名前も紹介

出典:http://eiga-chirashi.jp/view_item.php?titleid=2054

残念ながらこの二本目が映画出演の最後となります。

正直芸能界で大きく花開くことなく終わってしまった感はあります。

お面白いのはこの時の映画監督が辻仁成だったということです。

 

yumaは辻仁成とどんな関係なの?

三谷幸喜の嫁の元女優yumaの画像は?馴れ初めや子供の名前も紹介

出典:https://dot.asahi.com/wa/2017111600090.html

最初は映画監督と出演女優という普通の仕事上の関係だったのです。

一緒に仕事をする一に結構、辻仁成の方がyumaにお熱になってしまったらしいのです。

番組が一緒だったとか、ドラマで共演したとか、芸能界で結構多めに見るシチュエーションではあります。

実際、辻仁也はこの時の奥様南果歩さんと後に離婚しています。

結婚期間中にyumaと付き合っていたのか、否か。

そこは微妙ですね。

いずれにしてもyumaがいたから辻仁成の気持ちが南果歩さんから逃げて行ったのかもしれません。

何も辻仁成だけがそうではなく、世の男達は新しい女ができると、元の女性から去って行ってしまうものです。

最近は逆バージョンも増えているような時代ではありますが。

 

そもそも小林聡美と別れたのは何故?

三谷幸喜 嫁 yuma  画像

出典:https://mantan-web.jp/article/20110523dog00m200051000c.html

実は三谷幸喜は前妻小林聡美と別れた時、ネットで叩かれているのです。

何といてもyumaと三谷幸喜は19歳も年の離れた夫婦です。

へたすると親子といってもおかしくない年齢差です。

スケベ親父とネットで騒がれるのも無理ないですね。

年食った古い女房より、若くて新しい女の方が良かったのでしょうか。

芸能界でおしどり夫婦と呼ばれていた二人でしたから。

離婚報道を聞いたときにビックリした方も多かったと思います。

ではなぜ二人は別れたのでしょうか。

 

子供を作らなかったのいうのが大きな理由?

神経質な三谷幸喜は仕事に熱中したいがために、子供を持つことに反対したんだそうです。

その代わりに猫がすきで、家族のように猫をかわいがっていたのですが、結婚12年目と14年目にかわいがっていた猫が死んでしまったのです。

子供を作らない代わりに育てていたかわいい猫が、死んでしまった。

二人のショックは計り知れないものがあったでしょう。

離婚をきりだしたのは小林聡美の方だったらしいのです。

もうこれ以上この人に縛り付けられたくないとでも思ったのでしょうか。

離婚後は『これからの時間は、好きな人たちと好きなことをするために費やしたい』とコメントを述べています。

 

スポンサーリンク

三谷幸喜と嫁の元女優yumaとの馴れ初め(出会い)は?

yumaは芸能界を引退してその後早稲田大学に入学、その後映画制作会社に入社。

そこで三谷幸喜と出会ったらしいのです。

二人はここで意気投合、一気に結婚への道を突き進むことになりました。

 

二人の交際がばれた理由はなぜ?

週刊誌にすっぱ抜かれたのです。

三谷幸喜の嫁の元女優yumaの画像は?馴れ初めや子供の名前も紹介

出典:https://c-channelnews.com

すっぱ抜いたのは女性セブン2013年8月1日号

この時三谷幸喜は相手をお付き合いしている方だと記者に回答。

真剣に結婚を考えている交際相手として説明したようです。

 

スポンサーリンク

三谷幸喜の嫁yumaの画像はあるの?

その画像がこちら

歌手としてレコードを出した時のジャケットだと思われます。

きれいで清楚で優しい感じの女性ですね。

三谷幸喜 嫁 yuma  画像

出典:https://www.google.co.jp

もう一枚がこちら。

出演した映画のワンシーンだと思われます。

三谷幸喜の嫁の元女優yumaの画像は?馴れ初めや子供の名前も紹介

出典:https://xn--vgu128a.com/855.html

いかにも男が守ってあげたくなるような雰囲気を持った女性です。

猫が死んで三谷幸喜が落ち込んでいるときにそばで支えてくれたのがyumaだったというわけです。

yumaが勤めていた映画性制作の会社で知り合ったようですが、今回はどちらから言い寄ったのでしょうか。

私は三谷幸喜が結構プッシュしたのではと推測します。

もうこの時点では三谷幸喜といえば超有名人ですから、yumaの方も言い寄られて悪い気はしなかったと思います。

最も結婚となるとお金だけがすべてではありませんから、三谷幸喜も家庭に入って家を守ってくれる一般女性に憧れがあったのではないでしょうか。

一方yumaの方は画像から推測するにどこか儚げな感じがします。

グイグイ来る男に押されてしまったということです。

こういうのもありかもしれません。

こんな二人が結婚にたどり着いたのも納得ですね。

三谷幸喜も元の塚がどうのこうのととか、yumaも辻仁成とどんな付き合いがあったとか騒がれますが、最終的に二人がたどり着いたところが今の幸せな家庭だとしたら。

もうそれで充分、他人がとやかく詮索するものはないと思います。

 

三谷幸喜と嫁の元女優yumaに子供ができた?画像はある?

三谷幸喜の嫁の元女優yumaの画像は?馴れ初めや子供の名前も紹介

出典:https://luupy.net/2247

結婚して以外に早めに子供が授かったそうです。

前妻の小林聡美とは子供を作らなかったのかできなかったのかご本人たちしか知らないことでしょう。

ただ、小林聡美の心中を察すると少し切ない気持ちになってしましますね。

三谷幸喜と再婚相手のyumaに子供が誕生したことを知った世間の反応は?

三谷幸喜52歳でパパに。再婚、33歳の奥さんかぁ。 小林聡美さんのことを思うとなんだか切ない。。

三谷幸喜この時52歳

嫁yuma この時33歳

夫にとっても、妻にととっても子供を作るとなると結構ギリギリの年齢だったかもしれません。

やはり子供ができると、もう元妻だの、元カノだのごちゃごちゃしたものは、一気にふっとんでしまうでしょう。

目の前にいる自分の血を分けた分身に心をわしづかみにされてしまうのです。

三谷幸喜は神経質そうで、何事にもこだわりがある感じに見えますが、子供の前ではもうメロメロではないでしょうか。

しかもかなりのイクメンで、超こだわりのある教育パパになりそうな感じがします。

 

まとめ

三谷幸喜に子供が生まれたことが、本人の創作意欲に相当な考えの変化をもたらしたことは容易に想像できますよね。

嫁のyumaとの間に子供ができ、自分自身が親になってみて初めて感じる親の気持ち。

子供に対する尽きることない愛情。

いつも頭に浮かぶ子供の画像。

こんなものを知ってしまったおかげで、のちの演劇『子供の事情』も、大河ドラマ『真田丸』もできあ上がったのではないでしょうか。

大河ドラマ真田丸の親子の機微は、私なんか涙ボロボロもんで見てましたから。

テレビの画像がぼやけて見えなくなってしまうことも多々ありました。

今の日本で、三谷幸喜を上回る脚本家はいない、といって何ら差し支えないとさえ思ってしまいます。

良い嫁とかわいい子供に囲まれた温かい家庭の団らんが、今の三谷幸喜からは感じられます。

これからも、ますます私たちを感動の涙と笑いの渦に巻き込んでいってほしいと願います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました