冨永愛のスタイルはパリコレ2020でもカッコいい?ストイックなセブンルールを考察

冨永愛のストイックさはカッコいい?似ている俳優がいるって可愛い エンタメ

スポンサーリンク

Pocket

冨永のスタイルがいいの何故なんだろう。

9等身股下90cmという事実が凄い。

さすがパリコレという感じだが、宝塚出身といっても信じられるね。

自分自身のプロとしてのセブンルールを持ってるんだって。

そして37歳にしてパリコレ2020に再挑戦だっって。

そのストイックなハートがカッコいいとしかいいようがない。

プロとしてのスタイルは天晴れとしか言いようがない。

そんな冨永愛がに似ている人がいる。

ツイッターが騒がしいので拾ってみました。

完璧すぎる冨永愛のストイックなセブンルールと少し可愛いところも覗いてみましょう。

2020年も冨永愛パワーがさく裂しそうです。

 

スポンサーリンク

冨永愛のスタイルはパリコレ2020でもカッコいい?

冨永愛に寄せられるコメントで多いと思われるのが『同じ人間とは思えない』ということ。

顔は小さいし足は長い。

およそ日本人とは思えないそのスタイルの良さに圧倒される人が多いからでしょう。

普通の日本人の基本は胴長短足ですから、その基準から大きく外れていることは否めませんね。

ただ、こういう姿になるにはそれこそ超ストイックな生活を送っているのも事実です。

年に2回しかラーメンは食べないなんて、週5のペースでラーメン屋に通っている私からは信じられません。

余りに完璧な冨永愛なので、ちょっと砕けた部分を追求してみました。

 

冨永愛に似ている俳優がいるって可愛い?

今ネットで冨永愛に似てるって騒がれているのがこの二人。

Snow Manの岩本照と元スマップの草薙剛です。

どっちが似てるって言われても、どっちもどっちかなという感じ。

そんな事より、完璧な冨永愛がみせるちょっとしスキの部分と考えれば楽しいじゃないですか。

 

スポンサーリンク

冨永愛のストイックなセブンルールを考察

ルール1.仕事相手全員と握手する。

社会人なら当たり前と思うかもしれませんが、日本人には中々やれそうでできない風習です。

今は握手しないことがコロナウィルスの感染を防いでいるという見方もあるとのこと。

何がいいんだかわかりませんね。

ルール2.ポーズはミリ単位を意識する。

モデルだからポーズを決めるのは仕事の一部なんで高い意識を持つのは当然でしょう。

問題はそれを完璧にこなすことができるか、そして継続できるのかってことだと思います。

冨永愛は完璧にやって来たんでしょうね。

ルール3.ラーメンは年2回

ラーメンは元々お好きなようです。

それを年2回に抑えるなんて、週5のペースでラーメンを食している私からは想像できません。

ストイック極まりないですね。

体型維持が商売というのはこういう所まで神経をとがらせる必要があるんです。

 

ルール4.試食は断らない

冨永愛の思いやりとおもてなしの心が現れています。

いくらモデルとしての体形維持が大事でも、試食を進めてくる相手の人に対して無礼は働けないのでしょう。

相手の立場になって物事を考えることが大事なんですね。

 

ルール5.10年後も使えるものしか買わない

ご家庭は複雑だったらしいのですが、しっかりした子供時代を過ごしたんでしょう。

物を大事にするということはひと昔前の日本では当たり前のことだったんじゃないですか。

成功してお金持ちになってもこういう精神を保っているというのはすばらしいことです。

10年後にも流行に左右されず使用できるものっていうことですね。

 

ルール6.息子のお土産はスノードームと地図

スノードームなんてほしがる息子がかわいいですね。

地図は母親が世界を飛び回っているので、訪れた先々の地図のことでしょうか。

世界を見据えた大人になる基礎を教えることにもなるんでしょうか。

 

ルール7.いつでも裸になれる自分でいる

どんな服装でも着こなせる自分の体形を維持していたい。

どんな服装でも着こなすことがプロとしての意識として浸み込んでいるのでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

冨永愛のスタイルはパリコレ2020でもカッコいい?ストイックなセブンルールを考察してみました。

冨永愛は一流のモデルとしてのプロ根性がストイック過ぎてカッコいいということですが、自分自身に厳しい人間だからこそパリコレみたいな超一流の世界でトップとしての地位を確立しているのでしょう。

自分のやりたいことをやり、自分に甘い人間では中々一流にはなれないと行くことを、身をもって教えてくれているように思います。

そんな冨永愛にも似ている俳優がいるということで、草薙剛と岩本照をご紹介しましたが、ストイックな厳しさの中にもこんな愛嬌ある部分があって可愛いと思いませんか。

37歳にしてスタイルを維持できているのは、ストイックな生き方そのものが生み出した賜物なんでしょうね。

見ている人が、自分も自分なりのセブンルールを持ってみようと思わせられるインフルエンサーが冨永愛なんですね。

2020年も大活躍が期待できそうです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました