木村拓哉の娘KokiがCM大塚製薬でバイリンガルが発覚?語学留学先はどこ?

木村拓哉 娘 koki CM エンタメ

スポンサーリンク

Pocket

木村拓哉の娘Koki,は2018年5月に雑誌『ELLE JAPON』7月号の表紙に登場してから快進撃が止まらない。

木村拓哉と工藤静香を両親に持つ圧倒的遺伝子の申し子といってもいいこの娘。

一体どこまで伸びるのか。

デビューして1年余り、ネットで取り上げられることが多く、話題が尽きません。

人気度を測るバロメータとしてCMへの出演があります。

Koki,はまだ芸能界デビューして間もないのにCMに出たおかげで、世間で益々、知名度が上がることになったようです。

Koki,は今までどのようなCMに出てきたのでしょうか。

あまりに話題が先行していそうなこの木村拓哉の娘、なんと台湾進出も果たしたようです。

バイリンガルでもあるそうで、将来の可能性が限りなく広がっているような感じですね。

今後、海外展開を目指しているのか、その活躍ぶりを調べてみました。

 

スポンサーリンク

木村拓哉の娘KokiがいきなりCM出演?親の七光りで出演?

テレビでご覧になった方も多いと思います。

ヨーロッパの中世感があるどこかの駅。

誰かを待っている感じのkoki,が画面に映し出される。

映像テクニックも上手いのでしょうが、印象に残るCMでした。

片手にスポーツドリンクを持った姿がアップで映し出される。

周り雑踏のなかでKoki,だけが輝くような存在で、見ている方も『この娘かわいいな!』て、ついつい画面に引き込まれる。

大塚製薬の『ボディメンテドリンク』のCMです。

Koki,はこれが初めてのCM進出。

『いきなりオーラ全開で一体どんな新人さん』と思いきやどこかでみた顔だち。

後で、娘が木村拓哉の次女だと友人に聞いて、なるほどと納得。

『かわいいわけだ』

それにしてもいきなりCM進出なんてすごくないですか。

やはり両親が木村拓哉、工藤静香という超メジャー芸能人だと扱いも特別なんでしょうか。

 

ブルガリのアンバサダーになってたって本当なの?

木村拓哉 娘 koki CM

出典:https://twitter.com/wwd_jp/status/1103569724695330816

Koki,の快進撃はまだ続きます。

何とブルガリのアンバサダーになったというのです。

これが2018年8月のこと、5月発売のファッション誌で表紙にデビューしてわずか3か月。

 

シャネルのアンバサダーにもなってるの?

木村拓哉 娘 koki CM

出典:https://fashionmarketingjournal.com/2018/10/chanel-koki-ambassador.html

続いて9月にはシャネルのアンバサダーにも就任。

立て続けに高級ブランドのアンバサダーを2つも歴任することになりました。

シャネル側はKoki,を採用した理由として、『音楽活動もやるし、英語やフランス語も話せる』等将来の無限の可能性についてを採用理由としています。

ここまででデビューしてから4か月。

並みの新人ができることではありません。

 

アンバサダーの役割は?

ブランンドの価値を世間の消費者に広く伝えることが仕事です。

つまり企業から依頼されて企業とかそのブランドに対して、『私はいつもこのの商品を使っています』とか『この賞品のここが大好きでいつも手放せません』とか、そのブランドに対して、大好き発言を発信する人のこと。

当然報酬も発生するわけです。

企業側も自社の商品の魅力を宣伝してもらえて、彩らしいファンを獲得できたりして、winwinの関係になれるわけです。

当然このアンバサダーには有名人やインフルエンサーになってもらった方が、世間に対するイメージアップにも繋がるワケです。

Koki,はまさにこのインフルエンサーの役割を期待されて起用されたのだということです。

果たして本当なの?

デビューしたての娘にそんな影響力があるのってみんな思いますよね。

 

スポンサーリンク

木村拓哉の娘Kokiはバイリンガルが発覚?CM出演でスペイン語を披露!

Koki,がスペイン語を披露

出典:https://www.youtube.com/watch?v=2WUjJn3jPRo

こちらのCMではスペイン語も披露。

先生に教わっている場面でしょうか。

清楚な感じがいいですね。

何と16歳ににして、英語、フランス語、スペイン語が話せるというのです。

因みに4か国が話せることを『クァドリンガル』というそうです。

 

KokiがCM出演できたのはバイリンガルだからなの?

Koki,がCMに出れたのは、やはり木村拓哉、工藤静香の娘だからというのが大きな要因でしょう。

平たく言えばコネですね。

だけどコネならコネでそれだけで一発屋で終わってしまう2世タレントもいっぱいいます。

しかしこのKoki,に関しては、決して一発屋で終わる娘だとは思えないのです。

確かに顔はかわいいし、スタイルもいいし、バイリンガルだし、作曲もできると彩色兼備であります。

しかし、それだけでは芸能界で生き残っていくのは難しいでしょう。

この娘には、何かオーラがあるように感じるのは、私だけでしょうか。

天は二物を与えずとか言いますがこのKoki,にはそんなことは一切当てはまりません。

将来への大きな飛躍可能性を持っている娘だといえるでしょう。

 

留学はしてないの?通っていた学校はどこなの?

Koki,が通っている学校は『ブリティッシュスクールイン東京』というイギリスの義務教育課程を学ぶ学校です。

留学していたわけではないようです。

この学校の入学条件はというと

  • イギリス国籍がある児童であること。
  • イギリス国籍でない場合、英語が堪能であると校長が認めた児童。というのが入学条件だそうです。

すなわちKoki,は日本国籍でしょうから、入学前から英語がペラペラだったのでしょうね。

当校のHPによれば4歳からの子供たちがいるようですから、Koki,は幼児のころから英語が話せたことになりますね。

 

今後Kokiは世界進出を狙っているの?世界で通じるのか?

今後はどうしてゆくのでしょう。

芸能界でのスタートは上々といってよいでしょう。

ここまでのお膳立てはやはり木村拓哉と工藤静香の存在が大きいといえますね。

親の七光り×2ということで、親の49光というそうです。

上手く言ったものです。

せっかくここまで下地ができているのですから、今後は台湾を起点に、香港とか中国大陸に進出なんて野望を抱いておるのかも。

また、せっかく英語フランス語も話せるわけですので、欧米も視野に活動範囲を広げることも可能でしょう。

あとは、本人の実力がついてくるかどうかということです。

正直ここが一番きついかもしれませんね。

親の49光で最初派手すぎると、後で独り立ちしたときに大変ですよね。

 

スポンサーリンク

木村拓哉の娘Kokiに対するネットでの評判は?

結構評判悪い表現が多いかなーと感じます。

人の考えはさまざまなので、感想は皆違うんでしょうが、Koki,に関するツイートはやっかみ半分でのものが多いように思います。

そりゃこれだけ大々的に、次から次へとメジャー級のイベントを展開されたら、誰だって『いい親持ったなあ』と思いますよ。

この拒絶ツイートはKoki,本人よりも親にたして、つまり木村拓哉と工藤静香にたいしてのものが多いのではないかと解釈します。

一般のデビューに比べると派手感がありすぎて、今後このギャップを埋めていけるのかどうかってところが、koki,が生き残っていくポイントになって行くのでしょうね。

 

まとめ

木村拓哉の 娘 Koki ,について見てきました。

1年目にして一流企業のCM に出るわ、バイリンガルだって騒がれるがわ、台湾進出って騒がれるわで、目まぐるしい1年だったことは間違いないでしょう。

今回Koki,の事を追いかけましたが、この娘は親の49光があることはあるものの、決してそれだけで終わらない可能性を秘めているのではないかと私は感じました。

芸能界にいっぱいいますよね。『本当の親の七光り』で終わっていく人達。

でも親の七光りがありながらも親を乗り越えた人もいます。

藤圭子の娘、宇多田ヒカルなんて典型的な例ですよ。

今のところKoki,はモデルとして、はたまた、CM登場でそのビジュアルが騒がれている段階だといえます。

『木村拓哉の娘』を今後払拭できるか。

バイリンガルならぬクァドリンガルの才能を生かして、台湾、中国などの中華圏、はたまた世界を視野に入れた活躍ができるのか。

まだ16歳の洋々たる未来があるだけにKoki,の可能性は無限大だといってもいいと思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました