槇原敬之が覚醒剤やめられない理由は何?同居の犬と猫はどうなるの

槇原敬之が覚醒剤やめられない理由

スポンサーリンク

Pocket

麻薬はやりだしたらもうやめるのは無理なのか。

歌手の槇原敬之が又覚醒剤使用で逮捕されました。

芸能人は次から次へと麻薬で逮捕されていきますが、1回クスリにてを染めたらもうやめることは不可能なのでしょうか。

近いところでは、沢尻エリカ、ピエール瀧、田口淳之介、小嶺麗奈、清原和博、田代まさしと数えだすときりがないくらいです。

しかも、多くの人が一度逮捕されてから再び麻薬を使用して再度逮捕されているんですね。

 

スポンサーリンク

槇原敬之の覚醒剤で逮捕ツイッターご紹介

 

スポンサーリンク

槇原敬之が覚醒剤やめられない理由

やめられないのは自分せい。

薬、覚醒剤への依存症のせい。

気が弱い、意志が弱い。

希望がなくなった、鬱になっていた。

色々と指摘はできるが真相は本人しかわからない。

俺は捕まらないとでも思っていたのだろうか。

去年から芸能人の逮捕が相次いでいるのに、当然警察だって経験者を洗い直すことから始めるでしょうに。

それでもやめられなかったのは、もう救いようがない。

 

やめられないからつまりは病気ってことだね。

槇原敬之が覚醒剤やめられない理由

出典:https://www8.cao.go.jp/souki/drug/comic/text.html

最初のきっかけは知人からの紹介というのが多いらしい。

中には痩せるためとか、気分転換ちか結構気楽に覚醒剤の世界に足を踏み入れる場合が多いと聞きます。

一度経験すると、仲間と会った時にみんなでパーティー形式みたいに一緒に楽しんだりすると罪の意識さえなくなって忌むのでしょう。

こうして、薬物依存症になって行くのです。

薬物依存症になってしまうと、もう後戻りはできません。

タバコだって禁煙できない人が大勢いることを考えるとわかりやすいと思います。

精神的な依存から肉体的な依存でと進んでいき、もう引き返せない世界に入ってしますのでしょうね。

 

スポンサーリンク

槇原敬之の同居の犬と猫はどうなるの?

猫の名前はドラミちゃんていうんだって。

今見ると新年の挨拶がむなしいね。

ご主人がいなくなってこれからどうするんだろう。

逮捕されるときって、警察はペットはそのまま家に置いていくのだろうか。

罪のないペットの犬と猫が不憫でしょうがない。

 

逮捕されるとペットは餓死するって本当


犯人が逮捕されるとペットはそのまま放置されます。

逮捕後72時間は拘束されてしまうので、その間餌や水は与えられません。

誰か部屋にいればペットの世話もしてくれるでしょうが、単身者の場合は残念ながらご主人がいなくなったらペットは餓死する場合が多いとのことです。

果たして槇原敬之の部屋には誰かいるのでしょうか。

まだ独身であるところを見るとペットの犬と猫が不憫ですね。

 

まとめ

槇原敬之が覚醒剤やめられない理由は何?と同居の犬と猫はどうなるのについて述べてきました。

覚醒剤はやはり怖いものです。

芸能関係者が逮捕されると社会に与える影響が大きいので、警告の意味も含めて芸能人の逮捕に警察も全力を尽くすのでしょう。

槇原敬之はもう二度目ですので、芸能界への復帰は難しいでしょうね。

家族として暮らしていた犬も猫も飼い主がいなくなると、引き取り手がない限り殺処分の運命は避けられないのでしょね。

ご主人と運命を共にするのでしょうか。

犯人逮捕の場合のペットの始末を考えるといたたまれない気持ちになってしまいます。

スポンサーリンク