新型肺炎の症状と予防は?日本でマスクが無くなるって本当なの

新型肺炎 マスク 症状 日本

スポンサーリンク

Pocket

いよいよ日本でも感染が確認されたというニュースが入ってきました。

中国でも日本でもマスクをする人の映像が多く見受けられるようになりました。

厚労省は新型コロナウィルス肺炎の検疫体制を変えることは考えていないといっていましたが本日急遽検疫体制を強化すると発表しました。

新型肺炎が騒がれ始めた当初は日本にまで感染が広がることはないだろうとタカを括っていた政府も方針転換です。

ことは急を要する段階に入ってきたのです。

ところで、空港などで感染を食いとめる水際作戦という言葉はよく耳にしますが、一体どういうことをするのか自分の防衛は何をすればいいのかご存知でしょうか。

本当に感染を食い止めてくれるのか、何となく不安じゃないですか。

検疫体制水際作戦とはどんなことをするのか。

日本政府の対策としては。

機内アナウンスや自己申告カードにより、体調不良の自己申告を呼びかける。

というものですが、このニュースを聞いてほっとホット安心と思った人は殆どいなかったのではないでしょうか。

只でさえ、新型肺炎の初期症状と原因はわかりにくいと言われたいるのですから。

飛行機に乗った人の自己申告で新型肺炎が予防できる足り症状が緩和されるとは思えませんよね。

現在、国立感染症研究所だけで行っているウイルスの遺伝子を調べる検査について、地方の衛生研究所でも行えるようにするということです。

それでも水際で食い止められずに日本に入ってきてしまった時は、もう政府の防御とか他人の援助とかを期待している場合ではありません。

自分で予防するしかないのです。

相手は原因も未解明の新型コロナウィルスですから、マスクをするとか、自己防衛するしか手はないのです。

新型肺炎から身を守るために、自己予防に全力を投入しましょう。

 

スポンサーリンク

新型肺炎の初期症状と原因は何?

新型肺炎の初期症状がわからない原因は何?

新型肺炎がややこしいのは、罹患したと思われる患者の初期症状がわかりにくいことです。

肺炎というと独特の発熱や咳が出ます。

今回の新型肺炎は頭痛とか吐き気、下痢、全身がだるいとか発熱や咳以外の普通の風邪の症状が多いとのことです。

引用:新華社通信

このことが早めに患者を隔離するのが感染の広がりを抑える有効な手段のはずなのに、実際にはできていない原因になっているようです。

 

スポンサーリンク

マスクは予防に有効?通常の感染対策は何

ありきたりのことですが、体についた菌を落とすのに有効な方法は。

  • 手洗い
  • うがい
  • 顔洗い

如何にも言い古された単純な方法ですが、一番簡単な一番確実な防衛方法であることは間違いありません。

体の内部から守る方法として

マスクに加えて高カロリーの食事をろう。

新型肺炎 マスク 症状 日本

新型肺炎 マスク 症状 日本

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000030978.html

理想的な食事をご紹介します。

  • 朝:バナナ
  • 昼:焼肉定食
  • 夜:うなぎのかば焼き
  • デザート:ぜんざい ヨーグルトR1

こうやって並べるといかにもと動脈硬化の源泉のような気もしますが、急遽の対策としてしばらくは我慢しましょう。

高カロリーな食事をとって免疫力を高めることが重要なのです。

 

スポンサーリンク

予防のためにマスクは大切早めに入手しよう

マスクが大切なのは、誰しも知っていることと思います。

肝心なのはこのマスクを早く手に入れておく必要があることです。

中国の春節で中国人が大量に日本に押し寄せることは目に見えています。

この中国人が日本のマスクを大量に購入していっていることがニュースで騒がれています。

ニュースでこのような放映をされると、それを見た人間の心理として『なくなる前に、早めに買おう』という心理が働きます。

日本では昭和の時代にオイルショックの影響でトイレットぺーペーパーが無くなるという事件が発生しました。

トイレットぺーパーは毎日使うものです。

それが、手に入らないとと思うと人間の心理として『早めに買っておこう』と思いますよね。

皆が皆、同じようなことを考えてスーパーの押し寄せた結果、スーパーの売り場からトイレットペーパーが無くなるという異常現象が発生したのです。

大衆心理とは恐ろしいもので今回もこれと同じような現象が起こる可能性を秘めています。

くれぐれも早めにマスクを購入しておきましょう。

 

まとめ


実に厄介な新型肺炎が世界中に感染拡大しようとしています。

日本にも感染者がかくにんされ、いよいよ日本国内に新型肺炎の感染が拡大するかもしれません。

初期症状が見つけにくく、風邪と似ているため早めの対策が取りづらいといいます。

もう、予防して自分で身を守るしかありません。

怖いのは普通にあると思ったものが、いざ必要となったときに、そのものが無くなりてに入らなくなることです。

マスクが重要な予防手段であり、中国人が大量に日本に来ることはわかってマスクを爆買いしていくことはわかっていることです。

必要なマスクが手に入らないと泣く前に、早めに入手しておきましょう。

マスクのように普段簡単に手に入るものが急に手に入らなくなったときにパニックが起こります。

くれぐれも早めの自己防衛をしておきましょう。

スポンサーリンク