オーストラリアの火災原因はダイポールモード現象なの?日本人できることは募金

オーストラリア火災の現在は悲惨?日本人できること何

スポンサーリンク

Pocket

 

オーストラリアの火災が思いのほか深刻です。

被害が沈静化するどころか益々拡大しています。

多くの日本人はまだこの火災の事実を知らないのではないでしょうか。

2019年の秋ごろにコアラが焼き出される映像がながれ、コアラを助ける人間の姿も映し出されて動物愛護の観点からコアラを助けてよかったよかったで終わった方も多かったのではないでしょうか。

他ならぬこの私も大火災が起こってコアラが焼きだされてかわいそうだなと思ったくらいでその後は忘れていました。

ところが実際の火事は全く衰えることなく今現在も猛威を振るっています。

知らなかった自分が恥ずかしい。

このオーストラリアの火災は規模が大きすぎて日本では実態が分かりにくいのかもせれません。

しかも、日本ではマスコミがほとんどこの実態をニュースとして流しません。

地球規模の被害が起こっているのにです。

益々、拡大しているのにです。

何故こんな悲惨な状況を、日本のマスコミはもっと大々的に報道しないのでしょうか。

報道しないマスコミに腹を立てても仕方がありません。

この事実を知った人がネットで拡散して募金を募っていくのが一番手堅く役に立つ行動だと思います。

募金という一番手っ取り早いが、具体的に役に立つ方法であることは間違いありません。

 

スポンサーリンク

オーストラリアの火災は現在も悲惨すぎる?

オーストラリア気象局の発表によりますと2019年はオーストラリアは観測史上最も熱く最も乾燥した年になったそうです。

ただでさえ乾燥していて火事が起こる要因は高いのに、さらに火災を加速させてのが、なんと、コアラが大好きなユーカリの木があるかららしいのです。

ユーカリの木はコアラが食べる木というイメージしかありませんが、実はテルペンという油を含んでおり、このテルペンが引火性があって、非常に燃えやすいのだそうです。

2019年の気温が高かったこととこのユーカリの葉が薪の役割を果たしてしまったのです。

いずれにしても、日本人があまり知らない南半球でとんでもないことが起きているということを認識すべきだと思います。

 

スポンサーリンク

オーストラリア火事はこれからどうなる?


恐ろしいことにオーストラリアはこれから夏を迎えます。

益々気温が上昇していくのです。

被害の規模もどこまで大きくなるのか想像が尽きません。

現段階で日本の関東くらいの面積が焼けてしまったとのこと。

凄い規模です。

 

スポンサーリンク

原因はインド洋のダイポールモード現象?

オーストラリアの火災原因はダイポールモード現象なの?日本人できることは募金

出典:https://note.com/_no_good_/n/na0da3cf1c9f5

日本のテレビもこの火事を取り上げるようになりました。

今回報道されたのは、インド洋のダイポールモード現象というのが原因の一つだということです。

では、ダイポールモード現象ってどういうこと?

地球には偏西風が吹いているのは、大抵の方がご存知ですね。

本当ならこの時期はインド洋の東側が暖かくて積乱雲が出来上がるのが通常のことなんですって。

今年はインド洋の東側が冷たくって、積乱雲が起こらない。

そして偏西風が西側から吹いてオーストラリアに乾いた空気をもたらすのだそうです。

乾いた空気のおかげで益々火事が広がって行きます。

普段のインド洋はこうなっています。

オーストラリアの火災原因はダイポールモード現象なの?日本人できることは募金

今年のインド洋はこんな感じ

オーストラリアの火災原因はダイポールモード現象なの?日本人できることは募金 オーストラリアの火災原因はダイポールモード現象なの?日本人できることは募金

出典:https://www.jamstec.go.jp/j/kids/press_release/20090413/

このままほっておくと地球レベルで大被害が起こりそう。

私も最初はコアラが焼け出される映像をテレビで見て、『コアラがかわいそうだな』と軽い気もちでとらえてました。

ところが事態はそんなレベルではなかったのです。

確かにコアラはかわいいし、焼かれて死んでいくのを見るのもつらいです。

しかし、もはや人間の命に係わる問題となっているのです。

 

日本人としてできるのは募金

募金といっても何をどうすればよいのって思いますよね。

東北大震災の時も、関西淡路大震災の時も海外から多大な援助金やボランティア活動での奉仕を頂きました。

日本人として今こそお返しをしましょう。

オーストラリアまで行ってボランティア活動は無理でしょうから、募金なら誰でもできると思います。

日本からの募金についてわかりやすいサイトをご紹介します。

ご活用いただければありがたいです。

日本からの募金のやり方の説明はこちら

 

まとめ

オーストラリアの火災は、現在も被害が拡大しています。

オーストラリアからは遠い国である日本人できることは、募金が一番だと思います。

火災の被害がこれ以上拡大しないことを祈るばかりですが、今回のオーストラリアの火災の威力は凄まじいものらしいのです。

現在も多くの消防士たちや地元のボランティアが火災相手に奮闘中だと思います。

『日本人できることは募金』を合言葉に少しでも援助の手助けができればありがたいです。

日本からの募金のやり方の説明はこちら

 

スポンサーリンク