グランメゾン東京は丹後が尾花を救う?最終回マグロで勝負の結末は 

グランメゾン東京 丹後 尾花 マグロ 最終回

スポンサーリンク

Pocket

グランメゾン東京の最終回に向けて視聴者の盛り上がりがすごい。

やはり、木村拓哉の演技がきらりと光り主人公としての存在感がすごい。

木村拓哉は木村拓哉の世界を作りだす。

そして木村拓哉の周りを固める脇役の絡みも思しろいのが人気の秘密でしょう。

気になるのは最終回がどんな結末を迎えるのか。

最終回の課題と結果を予想してみました。

 

スポンサーリンク

グランメゾン東京は三ツ星を取れるのか

展開的にグランメゾン東京は三ツ星を取ります。

しかもフレンチには禁断のマグロの料理で。

めでたしメデタシという結末。

 

尾花はフレンチにマグロで勝負?

西洋では魚を生で食べる習慣がない。

日本ではマグロを出荷する前に数日寝かせて、旨味成分であるイノシン酸が生成されるのです。

そして食べるときに醤油をかけて食べる。

この醤油にはグルタミン酸が含まれており、イノシン酸と掛け合わせると旨味が出るのです。

魚に旨味成分を持たせるためにソースが重要になるとのこと。

醤油もソースの一種であるといえばそうですね。

フランス料理はソースが命とはよく言われます。

マグロは焼くのは当然として、マグロにあう最高のソースを添える必要があります。

今回、尾花は三ツ星審査員をうならせるマグロ用ソースを開発するのでしょうか。

 

スポンサーリンク

グランメゾン東京の尾花と倫子は結ばれるのか?

尾花と倫子は心と心が通い合い強く惹かれることは間違いない。

二人ともお互いの気持ちをわかっているのに口には出せない。

そして尾花は、目的を果たした一匹狼の生き方として一人パリへと旅立つのです。

尾花には、何かを成し遂げるための挑戦の人生が向いており、店の経営という守りの姿勢は向いていない。

グランメゾン東京は倫子が一流オーナーとしてこれからも運営していくのです。

 

スポンサーリンク

グランメゾン東京の祥平はどうなる?

祥平は倫子に請われてグランメゾン東京のスーシェフになる。

尾花もグランメゾン東京を引っ張っていくのはお前しかいないといって、スーシェフの立場を祥平に託します。

両氏については天才肌の祥平です。

グランメゾン東京を三ツ星レストランとして恥ずかしくない店にしていくのです。

 

グランメゾン東京は丹後が尾花を救う?


グランメゾン東京が三ツ星を取るか否かの大事な審査の前に丹後が救世主のようにグランメゾン東京に現れます。

いがみ合っていた両雄ですが、その実力はお互いが最も認め合っていることは事実。

尾花と丹後が手に手を取って見事マグロにあったソースを開発して三ツ星を取るのです。

そして、丹後はGAKUに戻ります。

丹後に代わってスーシェフになった結月が部下に慕われず、しかも江藤が丹後の料理の腕前を認めた経緯があり、結局は丹後はGAKUのスーシェフに戻る。

 

まとめ

グランメゾン東京の最終回は丹後が尾花を救うのか。

ドラマではありがちな展開です。

強力なライバルが、最後には心と心が通じ合い手と手を取り合うという王道パターン。

グランメゾン東京の最終回もこのような王道パターンを歩むのでしょうか。

丹後と尾花がタッグを組めば強力なパワーを発揮することは間違いないですね。

二人がタッグを組めばフレンチ禁断のマグロ料理も何のそのという流れ。

そして、フレンチでは禁断のマグロで勝負の結末はいかに。

ラストは長年の夢を果たした尾花がさらなる飛躍を求めて再度パリへと旅立つのでした。

仲間と別れるのは寂しいけれど、野望の方が俺には大事なんだって言い聞かすように。

かなりの話題をさらったグランメゾン東京でしたが、ラストはカこんな感じかなと予想してみました。

 

スポンサーリンク