ジャニーズ事務所が独占禁止法違反?元SMAP3人の起用妨害で公正取引委員会が動く 

ジャニーズ事務所 独占禁止法違反 元SMAP3人 起用妨害 公正取引委員会

スポンサーリンク

Pocket

 

NHKによると何とジャニーズ事務所が独占禁止法違反をやらかしたかもということです。

わかりやすく言うと法律違反を犯したということです。

あの天下のジャニーズ事務所がですよ。

一体どの程度の法律違反の可能性があるのでしょうか。

今回とりあえずは注意ということですが。

公正取引委員会がジャニーズ事務所に注意した点は、SMAPの元メンバーである香取慎吾、稲垣五郎、草薙剛の3人が民放テレビに起用されるのを起用妨害していたということです。

もし事実なら、やることがセコイというか卑怯というか、少なくともカッコいいとは言えません。

ちょうど今、大黒柱だったジャニー喜多川さんが亡くなって、ジャニーズ事務所の絆の強さが世間に響き割っている最中なのに、ジャニーズ事務所にとっては、絶悪のタイミングで報道されました。

公正取引委員会が動いたということは、確かに独占禁止法違反になるような事実があったのでしょうか。

3人がジャニーズ事務所を辞めたのは一昨年の9月。

SMAPの元マネージャーが新規で立ち上げた事務所に籍を置き『新しい地図』として活動を始めたということは、ご存知の方も多いと思います。

芸能界に盤石な体制で君臨してきたジャニーズ事務所ですが、ジャニー喜多川さんの死であっという間に、危機に立たせれてしまったという感じです。

たった3人に対して起用妨害とは。

天下のジャニーズ事務所がとんでもないマイナスイメージを天下にさらしてしまいました。

今、ジャニーズ事務所に何が起こっているのでしょうか。

 

スポンサーリンク

ジャニーズ事務所が犯した独占禁止法違反って何なの?

ジャニーズ事務所 独占禁止法違反 起用妨害 公正取引委員会

独占禁止法とは略称で正式名称は,「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」といいます。

この独占禁止法の目的は,公正かつ自由な競争を促進し,事業者が自主的な判断で自由に活動できるようにすることです。

つまり自由主義経済の根幹である自由競争を縁の下で支える法律であるということです。

今回ジャニーズ事務所はこの法律に違反した疑いがあるということで公正取引委員会から注意を受けたということなのです。

 

元スマップ3人は民放への出演が無くなったって本当なの?

元スマップ3人稲垣五郎、草薙剛、香取慎吾の3人はスマップ時代からテレビのドラマやバラエティー番組に数多く出演し、国民的な人気を集めていたのは皆さまご存知の通り。

ところが、ジャニーズ事務所から独立した後、出演していた民放テレビ局のレギュラー番組が次々に打ち切りとなり、現在、民放の番組への出演はなくなっているというのです。

独占禁止法では芸能活動に必要な契約の成立を阻止するなどして不当に妨害する行為を禁じていています。

今回、公正取引委員会は独占禁止法違反につながるおそれがあるとして、7月17日までにジャニーズ事務所を注意したということです。

いわゆる優越的地位の濫用というやつです。

ジャニーズ事務所は自分の所の芸能界における圧倒的な勢力をかさに着て、新規の独立組を業界から締め出そうとしたのでしょうか。

なにはともあれ、芸能人の移籍トラブルをめぐって、独占禁止法違反につながるおそれがあるとして、一芸能事務所が注意を受けるのは初めてのことです。

 

スポンサーリンク

元SMAP3人の起用妨害で公正取引委員会に注意されたら罰則はあるの?


公正取引委員会に周囲を受けたとはつまり独占禁止法に違反したと考えてよいでしょう。

本当に起用妨害されていたことが立証されれば以下のような展開があり得ます。

その場合、公正取引委員会では,違反行為をした者に対して,その違反行為を除くために必要な措置を命じます。

これを「排除措置命令」と呼んでいます。

  1. 私的独占,カルテル及び一定の不公正な取引方法については,違反事業者に対して,課徴金が課されます。
  2. カルテル,私的独占,不公正な取引方法を行った企業に対して,被害者は損害賠償の請求ができます。
  3. この場合,企業は故意・過失の有無を問わず責任を免れることができません(無過失損害賠償責任)。
  4. カルテル,私的独占などを行った企業や業界団体の役員に対しては,罰則が定められています。

 

ジャニーズ事務所のコメントは許せる?

ジャニーズ事務所がコメントを発表しました。

『弊社がテレビ局に圧力などをかけた事実はなく、公正取引委員会からも独占禁止法違反行為があったとして行政処分や警告を受けたものでもありません』と、行政処分や警告も受けていないと説明したようです。

本当だろうか。

大きな勢力を誇る人の前では誰しも姑息になり忖度をしてしますのではないでしょうか。

これこそ無言の圧力というものではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ


ジャニーズ事務所が独占禁止法違反したなんてことが立証されたら大騒ぎでしょうね。

元SMAP3人の起用妨害で公正取引委員会が動くってことはそれなりに根拠となるものがあったと思うのが自然です。

ま、簡単にはジャニーズ事務所も自分の非になるようなことにうなづくことはないでしょう。

大なり小なり芸能界とかテレビ業界てのは独占禁止法違反 なんてのは今までもあったのではなあいでしょうか。

民放キー局が5社しかない業界ですもの、狭い世界なんですよ。

残念なのは『新しい地図』のメンバーが元SMAPの3人メンバーといわれた方が知名度が高いということです。

一体どれくらいの人が『新しい地図』という名前を認知しているのでしょうか。

蹴れに番組への起用妨害とはやはり結構なプレッシャーになることは間違いないです。

業界にはびこるこういう悪習を貼りのけるために公正取引委員会には頑張ってもらいたいところです。

何より『新しい地図』が元SMAPの3人と呼ばれなくても3人の顔が思い浮かぶくらいまで、知名度が上がることを願うばかりです。

 

 

スポンサーリンク