タッキー社長がジャニーズ事務所の人事介入?ジュリー副社長との抗争不可避なの?

タッキー社長 ジャニーズ事務所 人事介入 ジュリー副社長

スポンサーリンク

Pocket

ジャニー喜多川さんが亡くなられてジャニーズ事務所の今後はどうなるのかが俄然注目されています。

一番の注目はジャニーズ事務所時期社長は誰?という所。

とりあえずはジャニー喜多川の姪であるジュリー副社長が社長を引き継ぐことで既定路線が収まっているようですが。

果たしてこのまま丸く収まるのでしょうか。

将来は、タッキー社長こと滝沢秀明が次期社長になるのか、いやいや今まで事務所を支えてきた姪のジュリー副社長がこのままずっと社長になるのか、ジャニーズファンでなくても気なる所ですね。

古今東西どんな企業や組織でも、中心人物だった王様が亡くなったあと、後継者が誰になるなんてことは必ずと言っていいほど争いの種になるわけで、今回も後継者争いが勃発するのでというのが世間の注目の的になっています。

タッキー社長は、すでに株式会社ジャニーズアイランドの社長に就任しています。

この会社はジャニーズJr.のプロデュースをしていく新会社であるとのこと。

自分のかわいい子分としてジャニーズJr.を育成していきたいところでしょう。

すでに、ジャニーズ事務所への人事介入が起こり始めているようです。

タッキー社長にとってやりづらいのはやはりジュリー副社長の存在でしょうね。

たたき上げの初代者社長が亡くなったあと、社長についてきた大番頭さんたちと若い二代目社長との間には必ずといっていいほど後継者争いがおこるのは歴史が証明しています。

新社長より若いメンバーは素直にタッキー社長について行くでしょう。

だけど、古参のメンバーはどうでしょうか。

徐々に人事介入して、自分の息のかかった仲間で事務所を支配したいと思うのが人情ではないか。

スマップ脱退で最後にジャニーズ残留を決めた中居や、ニュースキャスターも演じている東はどうなるのか。

今は経営をフリー副社長、ジャニーズj.育成をタッキー社長と両輪体制で行こうと収まっています。

タッキーの会社はあくまで子会社ですがこのままで終わるのか。

ジャニーズ事務所社長にはなりたくないのか。

タッキー社長の今後も含めて、どんな展開がありうるのか予想してみましょう。

 

スポンサーリンク

タッキー社長が専念するジャニーズjr.て何なの?


ジャニーズjr.とはCDデビューする前の控え組のようなものです。

歌謡界はやはり自分のCDを出して歌番組にでて名前が売れるというのが理想的なパターンですね。

ジャニーズjr.はいわばプロ野球でいう2軍みたいなものでしょうか。

ジャニーズ事務所はCDデビューしたメンバーとCDデビューしていないメンバーが明確に分かれているのです。

今回タッキー社長が就任した株式会社ジャニーズアイランドという会社はこのCDデビュー前のメンバーたちを養成していく機関であろうと思われます。

もともジャニー喜多川の薫陶を受けてその後ろ姿をずっと見続けてきたタッキー社長は会社経営よりも現場の方が好きななのでしょうか。

将来の芸能界を代表するような若手を発掘して、ジャニーズ流に育成していくという行為が好きなのかもしれません。

そんなタッキー社長がいま打ち込んでいるユニットを調べてみました。

 

SixTONES(ストーンズ)


「デジタルの放つジャニーズ」というコンセプト

結成は2015年5月日テレの深夜ドラマ『私立バカタレア学園』に出演したジャニーズJR.たち6人で結成されたのです。

コンセプトは『デジタルの放つジャニーズ』というから、いかにもカッコいいですね。

因みに読み方は結成当時は『シックストーンズ』と読んでいましたが『ストーンズ』と読みます。

ジャニーズJR.の中では一番人気だそうです。

特徴はメンバーみんな背が高いこと。

ではメンバーの紹介

髙地優吾.京本大我、田中樹 松村北斗 ジェシー、諸本慎太郎

知名度が上がったのはタッキー社長が初プロデュースしたということ。

そして、ミュージックビデオ「JAPONICA STYLE」をYouTubeに公開したところ何と翌日には再生回数が100万回を突破したのです。

まだ、 デビュー前なのにこの記録はすごい。

タッキー社長の腕の見せ所なのか、メンバーたちの持つ実力なのか。

 

Snow Man(スノーマン)


こちらは何と9人組のグループ。

メンバーの紹介

深澤辰弥、佐久間大介、渡辺翔太、宮館涼太、岩本照、阿部亮平、向井康二、目黒蓮、ラウール

アクロバットダンスを中心に舞台で活躍中。

元々タッキー社長が力を入れていた『滝沢歌舞伎』に出演していたメンバーたち。

タッキー社長が株式会社ジャニーズアイランドの社長んい就任したいまこのsnowmanが滝沢歌舞伎を引っ張っているのです。

 

HiHi Jets(ハイハイジェッツ)


こちらはローラースケートを得意とする5人組です。

2019年のプロ野球オールスター戦の始球式に登場。

新鮮な動画でご紹介です。

メンバーの紹介

橋本涼、井上瑞稀、猪狩蒼弥、高橋優斗、佐間龍斗

 

美 少年(びしょうねん)


何とこのグループは若い。

最年長の藤井が今年19歳、最年少の金指は15歳というフレッシュなメンバーが揃っている

メンバーの紹介

藤井直樹、那須雄登、浮所飛貴、岩崎大昇、佐藤龍我、金指一世

これからのタッキー社長の期待の星となろう。

 

7 MEN 侍


こちらは『セブンメンサムライ』と読みます。

読み方が難しいですね。

これも売り込み戦略の一つかもしれません。

スケボーができ楽器が弾けるメンバーたちです。

今後の活躍に期待。

メンバーの紹介

五十嵐玲央、今野大輝、佐々木大光、菅田琳寧、中村嶺亜、前田後気、本田克樹

 

Travisu Japan(トラビスジャパン)

こちらは7人組男性アイドルグループ。略称は、トラジャ。シンクロダンスに定評がある

メンバーの紹介

川島如恵留 、七五三掛龍也、吉澤閑也、中村海人、宮近海斗、松倉海斗、松田元太

ざっと見てもこれだけの集団があります。

他にももっと小さい子供たちも抱えており、タッキー社長の指導力が伺えます。

 

スポンサーリンク

タッキー社長とジュリー副社長とは抗争不可避なの?

本来霊柩車の助手席に故人の位牌か写真を持って座るのは故人に最も近い血縁の人物である場合が多いはず。

FRIDAYによればそれが今回のジャニー喜多川さんの場合、助手席にはタッキー社長が座っていたのです。

ジャニーズ事務所は今回の葬儀を家族葬にしたいといって、マスコミ関係者やファンはカットしたのですが。

男ばかりの密閉された社会の中のことなので、第三者にはわからないかもしれませんが、ジャニー喜多川さんにとってはジャニーズメンバーこそが家族だったのでしょう。

そしてその中でも一番のお気に入りがタッキー社長出ることは公然の事実といってもよい。

本来ならば自分が座る位置に座っているタッキー社長に対するジュリー副社長の気持はどのようなものだったのでしょう。

 

 

タッキー社長がジャニー喜多川の養子ってありうる?

いろいろな状況を足し合わせてみると、FRIDAYの記事のように『養子縁組』まであったのかと推測してもおかしくはありません。

タッキー社長とジュリー副社長は現段階では仲良く手を取り合ってジャニーズ事務所を発展させていこうと思っているはずです。

生前ジャニー喜多川さんはタッキー社長に『グループ全体の舵を取ってほしい』といっていたというのです。

タッキー社長はそれこそ天にも昇る気持ちでこの言葉を聞いたのではないだろうか。

自分の父親のように慕っていた人から、言われた言葉は重い。

『お父さん、必ずお父さんの言うようにやってみせるよ』と硬い決意を胸に秘めたのではないだろうか。

血縁上の姪より心と心が通じ合った義理の親子の方が絆は固いのかもしれない。

いずれは、タッキー社長とジュリー副社長の天下分け目の関ケ原が行われる可能性は高いと思う。

 

スポンサーリンク

まとめ

タッキー社長がジュリー副社長がいるにも関わらず、ジャニーズ事務所の人事介入までしているというのは、タッキー社長自身が並々ならぬ思いでジャニーズ事務所の改革をやらねばならないと思ってのことだと思います。

タッキー社長が一番大事にしているものは、ジャニーズjr.の後輩たちではないでしょうか。

かつて父とも慕うジャニー喜多川さんから自分が受けた愛情ある育成方法を、今度は自分が後輩たちに施していかなくてはならならないと強い意志を抱いているのではないかと思えるのです。

事務所の人事介入もそんな思いから、改革の邪魔になることは排除したいと始めたことなのではないでしょうか。

ジャニーズjr.の成長を妨げるものはどんなものでも取り除かなくてはならない。

たとえ相手がジュリー副社長であっても。

人事介入で回りから何と言われようとも。

ジャニー喜多川さんら引き継いだ絆を妨げるようなものは断固として改革していく。

特に今大黒柱であるジャニー喜多川という存在を失ったジャニーズ帝国は、下手すると分裂の道を歩み始める可能性ものです。

この巨大な帝国をタッキー社長は守って行けるのか。

今後の活躍を見守りたいと思います。

スポンサーリンク