テニスの体力と精神力

テニスの体力と精神力

スポンサーリンク

Pocket

テニスの体力と精神力

スポンサーリンク

大阪なおみすごい

全豪優勝、グランドスラム連覇。かつて日本人が、グランドスラム

の大会で上位に進出するだけでも、大騒ぎされたのに、何と優勝です。

しかも全米に続き連覇です。

凄すぎる!

試合展開では、第2セットはやばかった。

それまでの流れから、2セット連取でも行けるかなという感じもしたが、途中から崩れた。

試合ではありがちな事だが、凡ミスが始まり、自分のイメージする打球が打てなくなり、緊張して身体

が硬くなり、更に凡ミスを増やす。

試合中に一度こういう事を経験すると、そこからの復活は結構難しい。

そのまま自滅して行くパターンが多い。

やはり、メンタル面の試合に対する影響力はかなり大きな影響を持つ。

ところが今回のなおみは違った。

第2セットは落としたものの、第3セットは見事に復活した。

テニスはメンタルというよく言われるフレーズの教科書の内容ような展開だった。

失礼かもしれないが、見る方の立場から言わせて頂くと、ストレートで呆気なく勝つよりも、ハラハラドキドキの試合展開

で、しかも最後は勝つという理想的なドラマを見るようでありました。

スポンサーリンク

なおみ人気の根幹

なおみが皆に支持されるのは、全米オープンで、審判に噛み付いたセリーナを尊敬しているというスピー

チをして、勝者にもかかわらずその控えめな態度が会場から拍手を得たことが始まりだった。

その後もインタビューごとに、なおみのウィットに富んだ受け答えが新鮮でファンの数が急上昇した。

日本人のインタビューアーが日本語で質問すると日本語は余り得意じゃないと言いながら英語で答えたあと、少しの日本語

で答える。

確かに風貌と英語で話す光景を見ると日本人という感覚とは遠いものがある。

最近、芸能界でもハーフの人が活躍することが多く、ラグビーの試合にも風貌は外人と見える選手が、日本代表と

して戦ってくれている。

もう、こうなって来ると何をもって日本人というのか定義すら不明になって来る。

色んな面でグローバルが叫ばれるようになってきたが、なおみの試合大活躍でそんな定義なんてどうでもいいやと改めて痛

感しました。

スポンサーリンク

体力・精神力の重要性

体力・精神力はどのスポーツにも必要です。

今回全豪でも、錦織が第2セット途中で棄権というアクシデントに見舞われました。

準々決勝まで15時間弱のプレーをしてきたわけなので、残念ではあるものの致し方ないかな、とも思います。

テニスのシングルスは、かなりハードなスポーツだと思います。

試合中戦うのは自分一人しかいないわけで、全てのボールを自分で拾わなくてはなりません。

しかも、プロともなると打球も速く、選手はコートの上で、ダッシュの繰り返しをやっているようなものです。

試合なので、相手も揺さぶりをかけてきますので、まさにコート全面を走り回る事になります。

ゲームとゲームの間に休憩がありますが、それでも長時間となると疲れも溜まってきます。

例えば野球の場合、攻撃と守備が完全に分かれており、攻撃の時はベンチで座っているわけで、自分の打順以外はずっと休

憩させてもらえます。

守備側でもピッチャー以外は、ずっと身体を動かし続けているわけではありません。

また、マラソンもかなりハードではありますが、ずっと走り続けるため自分なりのペースが作れます。

テニスはあっちへ行ったり、こっちに振られたりと、自分でペースを作ることはできません。

しかも、トーナメントで勝ち上がっていくためには、数試合をこなせる体力が不可欠になります。

5セットマッチの試合で勝ち上がる為には強靭な体力と一人で戦い抜く精神力がいります。

ボールを打つという技術も必要ですが、試合を戦いぬくことができる体力を保持できることが勝敗を分ける鍵になると言っ

ても過言ではないでしょう。

体力をつけるには

体力をつけるにはどうしたら良いか。やはり基本は走ることだと思います。

テニスに限らず全てのスポーツの基本は走る事という事に異論はないでしょう。

走る事で持久力をつけて、プラス筋肉トレーニングとストレッチをやっていれば申し分なしです。

ただ、部活でやっている学生ならいざ知らず、社会人が活躍毎日走り込む事はかなり難しい事です。

部屋で簡単に出来るトレーニングとしてオススメなのがスクワットです。

なんでもそうですが、やり始めた最初走るキツイですが、3日なんとか持続さて、1週間もすると慣れて来

ます。

足腰の強化が人間の体力の基本の強化と念じ込んで頑張りましょう。

体力があると試合の中で一発で決めなくても、つなぐボールでミスをしない戦略をとることで、勝利をものにすることが出

来ます。

但し、相手も同じ戦略で来ることが十分考えられますので、そうなると精神力の戦いになります。

最近はなおみも、メンタル面の強化をトレーニングにいれる光景がテレビなどで放映されますが体力とともにこのメンタル

面の強化も試合には欠かせません。

プロの試合でせっかく有利に進めていた試合も自分のミスで切れてしまい、ラケットをコートにたたきつける光景を見たり

します。

そしてその後立ち直れずずるずると負けていく選手も多くいます。

体力があれば精神力でも余裕がもてます。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク