試合の心構え

試合の心構え

スポンサーリンク

Pocket

試合の時にいかに普段の力でボールを打てるか。

初心者から中上級者にはとっての永遠の課題かな。

いわゆる、メンタルな部分ってやつ。

 

スポンサーリンク

試合の相手として一番嫌なのが、自分より少しレベルが下の相手ではないか。

圧倒的に下のレベルでは、流石にこちらにも余裕があって、負ける事はない。

また、相手の方がレベルが上の場合、負けて元々だから、こちらも緊張する事なく、思い切りブチあたっていける。

思い切りいけるから、下手すると勝ったりする時もある。

スポーツの試合で、たまにある大番狂わせなんてのは、この場合に起きるのではないかな。

相手はこちらを舐めてかかってくるのに対し、こちらは全力であたり、普段よりも大胆なプレーができたりするからだ。

相手があれおかしいな、と思ったりすると、ラッキーさんの登場となる。

普段ミスするようなこともない簡単なショトでミスすると、次は少し慎重になって身体が少しだけ硬くなる。

そうするとまたミスったりする。

テニスの試合は、時間で区切るものではなく、あくまで先に4ポイント、ジュースになったら、先に連続2ポイント取った方が勝ちとなる。

 

スポンサーリンク

試合の醍醐味

だから、ポイントがせってくると、やはり緊張する人が多いのではないでしょうか?

こうなった時に、思い切りプレーが出来るかどうかが、試合の醍醐味だと思います。

あと1本取れば勝ちだという時に、例えば、自分がレシーバーだとしてどうしますか。

1本取ればいいのだから、思い切り力を込めたリターンを返すか。

入ればいいけど、ミスの確率も高い、こちらのミスは相手の得点となる。

一本ミスしたらまた、振り出しだ。

そうするととりあえず、慎重に返した方が良いのか?

でも、相手はレベルが上だ、柔いリターンなんか返したら、逆襲を食らう確率が高い。

あーどうしよう。

人には見えないこんな心理状況の中、試合をしているわけです。

やはり、こんな場面で思い切りプレーができるかどうかは普段の練習にかかっています。

 

スポンサーリンク

やはり練習量

どんなスポーツでも同じでしょうが、練習量が本番の実力にある程度比例します。

中には生まれ持った才能がある人が、ほとんど練習しなくても、試合に勝てたり、「俺、練習嫌いだからさ」なんて言っていても試合には強い人がいないわけではありません。

しかし、そんな人は少数派です。同じレベルの人でも、猛練習した人とそうでない人では、差が付くのは容易に察せられます。

 

大阪なおみの躍進

最近大阪なおみ選手が、精神面を鍛えて全米オープンを制したと話題になりました。

やはり、プロのトップレベルでもマインドコントロールは重要な課題なのでしょう。

世界のトップを決めるレベルまで行くと、テニス自体の実力はそれこそトップレベルでしょうから、マインド面でのタフさが勝敗を分ける大きなポイントだと推察できます。

テレビ中継を見ていても、「この局面であのショットを打つかあ」とびっくりする場面に多々出くわします。

やはり、そういう事が出来るからこそ、この舞台に立っているのだろうなと感動するしかありません。

世界のトップレベルとは、技術もさることながら、強靭な体力、そして、どんな場面でも折れない強靭な精神力が備わっているのでしょう。

 

精神力の鍛錬

緊迫した場面でも堂々と普段の実力が出し切れる、そんな精神力を普段から鍛錬することが必要です。

普段の練習中に、試合中のぎりぎりの場面を想定して、その場にいるような瞑想をしながら、1ショト、1ショットを打つ練習を心かけることが大事です。

「心の鍛錬」というものは、テニスといったスポーツに限らず、人生の中での様々な場面で必要になってきます。

スポーツは身体を鍛錬することだけでなく、精神面も鍛錬するのに非常に役立つものだという事を、肝に銘じていることが大事です。

スポンサーリンク