サーブとリターンとは?球種ご説明と打ち方は全身で打つ

テニスボールの打ち方

スポンサーリンク

Pocket

試合を始めるのに最初に打つのがサーブです。

サーブがすべての始まりとなります。

サーブの種類と心構えを紹介します。

 

スポンサーリンク

サーブは2本打つ権利がある。

ファーストサーブとセカンドサーブがあります。

ファーストサーブ入ればそのまま試合が始まります。

サーブをフォールトするとセカンドサーブとなります。

ファーストサーブは、攻撃的。あわよくばこれ1本でポイントを取りたいと思い打球の速さを強調したサーブになります。

1本でエースが取れなくても、相手もこちらの威力におされて、リターンをミスしたり、甘いリターンしか出来なくなり、次の展開を優位に進めることが出来ます。

また、スピードや威力の他に、際どいコースを狙ったりすることも出来ます。中級者レベルまでなら相手のバック側に強烈なファーストサーブを入れることが出来れば、エースになるか、甘いリターンをもらえることになるでしょう。

スピードがそれほどなくても、サービスコートの外側に逃げていくサーブが打てれば、相手をコートの外側に追い出すことができ、次のショットで反対側に打つことにより、試合展開を優位に進めることが出来ます。

ファーストサーブは、スピードや威力を重視するので、比例してミスが多くなります。

練習を積み重ねてファーストサーブの確立をあげるのも試合展開のうえで重要な戦略になります。

特にハードコートの場合、一番威力が発揮されます。

スピード感もかなり増幅されます。

オムニコートや、クレーコートはハードコートに比べるとスピードが少し落ちます。

1本で決まるという確立はやはり落ちます。

自分がどういう試合展開をするのか考えておくことが重要となります。

 

セカンドサーブ

もう後がないので、ミスしないことが最優先となるため、おのずから慎重なうち方になります。

最初はどうしてもゆっくりラケットを振ってゆるいボールを打つことになってしまいがちですが、練習を積み重ねて、ボールに回転をかけることで、確実にコート内に入るサーブを打てるようになります。

サーブは最初のショットなので、ポイントによって自分がどういう試合展開をしたいのかによって、いろんな展開が考えられます。

ここが試合運びの面白いところで、自分の実力と度胸を考慮して、サーブを打ちます。

 

サーブの球種について

 

フラットサーブ

最もスピードを出せるうち方。回転よりもスピードを重視、ボール叩くようなイメージでスイートスポットに当てることで威力が増します。但し、よほど練習しないとフォールトの確立も増えます。

 

トップスピンサーブ

ボールに順回転をかけて、コートに落ちてから跳ねる打球となります。

トスを自分の頭より少し後ろ側に上げ、ボールを下からこすりあげるように打ちます。

かなり腰への負担が強い為、あまり打ちすぎると腰を痛めることもあります。

 

スライスサーブ

ボールに横回転をかけて、コートにおちてからすべるような打球となります。

スピードよりも確実性を求めたい時に有効です。

トスを体より少し右側に上げ、ラケットを横からこうるようにして打ちます。

フラットや、スピンサーブに比べて、体には優しいうち方になります。

中高年の方には、一番お勧めなサ-ブです。

 

リターン

テニスの試合は相手と交互にサーブを打ちます。当然のことですが、その反対はリターンになります。

 

勝つためには

相手のサービスゲームをブレークすることが必要になります。

自分のサービスがブレークされたら、こちらはそれを上回る数のブレークをしないと勝つことはできません。

先ほど述べたようにサーブには、ファーストサーブとセカンドサーブがあります。

ファーストサーブは、相手も強気で来ますのでリターン出来なくても仕方ないですが、セカンドまでミスしたりすると、試

合には勝てません。

 

それぞれ、別々の打ち方をする

 

ファーストサーブへの対応

どのコースに打ってくるのか、ある程度予測をすることが必要です。

スピードが速いため、相手が打ってから動いていたのでは、間に合いません。

しかも、最近はラケットの性能が良くなっているため、素人でも当たりによってはプロ並みのスピードが出ることがあります。

テイクバックを少なくし、スプリットステップを踏んでから、なるべく前で打つようにして、体全体でブロックする感じにします。

速いサーブが来た時でも慌てないで、ロブでかえすことができるかが腕のみせどころとなります。

無理してスピードに対してスピードで対抗しようとするとミスの確率も高まります。

ただし、スピードあるサーブでも、スピードで対抗して入る確率も高いのがプロです。

 

セカンドサーブへの対応

確実性が求められるので、より回転をかけて打たれます。

スピンは縦回転で落ちてからはねるのでなるべくはねる前に打ちます。

スライスは横回転がかかっているので、落ちてから横へ曲がります。

対策はラケットを振り抜くことです。

 

リターン側は粘る

いずれにしても、リターンのゲームを取って、相手のサーブをブレークしないと試合には勝てないのです。

リターン側の時も、なるべく粘って、少しでも相手を困らせるようにしましょう。

スポンサーリンク